Loading…

11か月ぶり

Posted by もこべぇ on 05.2017 観光地・名所   0 comments   0 trackback
昨年11月に達沢不動滝、裏磐梯の五色沼、芦ノ牧温泉に行って以来、福島県内の旅行は何と11か月ぶりです。

今回の旅のスタートは東京駅八重洲口のバスターミナルから。23:59発の福島行に乗車します。0:00を過ぎると乗車日を間違えやすいからこういう出発時刻の設定になっているのかな?3列シートなのでゆったりできます。仕事が終わっていったん帰宅してから出直してほどよく疲れていたせいか、すぐに眠れました。(というより、東京駅に向かう京浜東北線の中でもかなりぐっすり眠っていて、田端・上野あたりは記憶になかったりするf^_^;)

翌朝6:00頃、福島駅東口到着。寒い。前日の夜の東京もすっかり秋の冷え込みで、家を出るときからやや厚着をして、さらにバスを降りる前にフリースを重ね着しておいて正解でした。(前々日の10月3日の日中は、職場でエアコンをかけていたくらいなのにね。)

高湯温泉行きの路線バスは反対側の西口から出るので、まずは東西自由通路(地下道)を通って西口へ。おっ、自販機にあったかい缶入りコーンスープがあるではありませんか。構内のベンチで、乗車前に八重洲口近くのコンビニで買ったおにぎりを1個食べ、コーンスープを飲んで腹ごしらえ。お手洗いにも行きました。もしかしたら昼過ぎに浄土平に着くまでトイレに行けないかもしれないし。

福島駅西口6:30発の高湯温泉行(福島交通)のバスに乗りました。乗客は5名くらい。たぶん通勤で、途中で乗り降りした人もいましたが、終点の1つ手前の高湯で降りたのは私も含めて3人でした。あとの二人は男性でいずれも山歩きの服装でした。バス停のすぐ前に「あったか湯」という共同浴場があって、建物の外に屋根付きのベンチがあります。3人ともそこで山支度。まだ朝の7時を過ぎたばかりで営業時間外なのでお手洗いは使えません。登山届用のポストもありました。2人ともちゃんと登山届を出していたので、もしかしたら西吾妻山方面に縦走をする人たちかな?いや、本当は私も出さなくてはいけなかったのかもしれないけど。

7時15分頃、登山口に向けて歩き始めました。事前に色々な資料を見たところ「温泉神社右の道を進む」という記述があったのに、肝心な温泉神社が見えません。どこかに鳥居が見えないものか…とキョロキョロしていたら、先に山支度を終えた男性の行方を目で追うと…

スタート地点

「温泉神社」は写真左、灯篭と祠だけのこぢんまりした神社でした。「静心山荘」という吾妻屋旅館の離れ(?)の方面に進むと、やがて登山口が見えてきました。

登山口の道標

いくら歩く人が少ないとはいえ、この標識、何とかならんものか…


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://loveutsukushima.blog.fc2.com/tb.php/445-38712046

プロフィール

Author:もこべぇ
自分の思い出のために日記を綴っていましたが、東日本大震災をきっかけに福島の復興を願って公開することにしました。

ほとんどの写真はクリックすると拡大されます。

検索フォーム