Loading…

まさかの…雨

Posted by もこべぇ on 22.2015 観光地・名所   0 comments   0 trackback
Tag :裏磐梯 桧原湖
2日目の朝も、私の会津の旅ではお決まりのパターンでした。6時少し前に起きて、身支度をして6:25にはホテル3階の食堂(昼から夜は中華料理店)へ。朝食は6時半からですが、すでに4~5人が開店を待っていました。お、飲み物のセルフサービスに牛乳が加わってる。(あれ?前からあったっけ…?)

ここのコーヒーはとても美味しくて私の口に合います。水がいいから?今度、店員さんにコーヒー豆のメーカーと銘柄を聞こうかな。おかわりをして、他のお客さんよりややゆったりと朝食を終えて、7時頃に部屋に戻りました。6階の部屋から磐梯山が見えません。週間予報では晴れのはずでしたが、もしかして天気悪い?

チェックアウトを済ませたら、若松の駅中で昼食を調達、と言ってもペットボトル入りの麦茶とおにぎりを1個買っただけです。以前はトレッキングというとおにぎりを2個買っていたのですが、たいてい昼過ぎまで1個余ってしまうので、今回の旅は昨日も今日も1個にしました。(年ですねえ~^^;)裏磐梯なら食べられるお店も色々ありますしね。

会津若松の駅前やホームにはきちんと並んだ高校生のグループがいました。会津学鳳高校の生徒さんたちが乗車マナーキャンペーンとしてティッシュを配りながら、道行く人たちに呼び掛けていました。朝早くから感心です

7:37改め7:35会津若松発郡山行、磐越西線上りに乗りました。8:05に猪苗代に着いて、8:15猪苗代駅前発、桧原行の磐梯東都バスに乗る…というのも、今までに何度も経験しているパターンです。想定外だったのは、雨が降っていたこと。え~、どうしよう。雨ではトレッキングが楽しめないだけじゃなくて、歩きにくいし時間もかかりそう…。そんなに危険な所を歩く予定はありませんでしたが…。

とりあえず予定通りにバスに乗って、雨足が強くなったりしたら五色沼で降りて、ちょっと時間つぶして、諸橋近代美術館にでも行こうかな、と思ったのですが、乗車したとたんに運転手さんに「どちらまで行かれますか?」と聞かれて「湖望の湯まで」と答えてしまったので、何となく途中下車しづらくなりましたf^_^;。

今まではこの便で一番遠くまで乗ったのは早稲沢でした。あのときも紅葉シーズンで、吾妻川渓流探勝路と早稲沢・デコ平探勝路を歩くためでした。今回はさらに先、終点の桧原の一つ手前、「湖望の湯前」まで乗りました。乗車時間は1時間以上になりますが、景色も楽しめるルートなので、あっという間に感じました。今回も「あいづぐるっとカード」のおかげでお得な旅をしています。昨日と合わせると、この時点で十分に元は取っています。

湖望の湯前で降りるとまだ小雨が降っていました。温泉施設が開くには時間が早いのですが、そもそも休館日だったようです。バス停近くに、昨日の小野川不動滝探勝路の駐車場にあったような簡易トイレがあったので、ちゃっかり借りました。(本来は、この付近の工事関係者と、バス停前にある郵便局員用?)

ここまで来たからには、予定通りトレッキングコースに入ってみて、天気が悪くなったり、あまりにも足元が悪かったら引き返せばいいや、と思いながら、今通って来た桧原湖沿いの道をさらに進みました。

桧原湖畔の紅葉は雨でも美しかった…

雨でも美しい

途中、ちょっとした駐車スペースに乗用車が1台停まっていて、ご夫婦らしき人たちが桧原湖を眺めたり写真を撮ったりしていました。リュック背負ってカッパを着て、この小雨の中を歩いている姿は不思議だったのでしょうね。(だって、どう考えてもトレッキングには不向きの天候ですもん。)「(桧原湖)一周ですか?」と尋ねられました。「いいえ…」

堂場山どんぐり探勝路に行きます、と言うのさえも面倒で、にこっと挨拶だけして通り過ぎました。

湖望の湯付近から堂場山





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://loveutsukushima.blog.fc2.com/tb.php/396-b3e811c8

プロフィール

Author:もこべぇ
自分の思い出のために日記を綴っていましたが、東日本大震災をきっかけに福島の復興を願って公開することにしました。

ほとんどの写真はクリックすると拡大されます。

検索フォーム