Loading…

ここからが長い…

Posted by もこべぇ on 30.2015 トレッキング   0 comments   0 trackback
銅沼を過ぎると、あとは裏磐梯スキー場のゲレンデをゆるゆる降りるのみ。申し訳ないけれどリフトの横の砂利道を歩いてもあんまりおもしろいこともないのよね~。この最後の1時間が退屈だったりする f^_^;。

でも、目の前にこういう景色が広がり…

裏磐梯スキー場から桧原湖

振り向けばこんな磐梯山の姿も見えるのでまあいっか。

裏磐梯スキー場から

国道459号線に出て、裏磐梯高原駅方面に歩いていると、前から喜多方行のバスが来ました。自由乗降区間なので、手を挙げてバスに乗ろうかとも思ったのですが、いやいや、もう少しトレッキングの余韻を楽しんで疲れを取って、次のバスでいいや、と思いました。どうせ帰りも夜行バスで暗くなってから若松に戻っても間に合うくらいだし。

裏磐梯スキー場の登山道は(八方台登山口近くのブナ林と比べると)登山口と銅沼の間があまり楽しい道とは言えないのに、それでもこちらに降りたのは裏磐梯高原物産館があるから。何だかんだ言って、やっぱり私は都会人なんですよね。下山直後にきれいなお手洗いがあって、食べたり飲んだりできて、バス停があって…と、結局は便利さを求めてしまうわけです。

物産館に着くと、水分と共に欲していたのは糖分ではなく酸味。今回はグレープフルーツジュースを飲みました。おいしー!!

そういえば、朝、喜多方で買ったおにぎりがもう一つ残っていたっけ。夢中で歩いてきて、ふっと気が抜けたせいかお腹も空きました。ペットボトルに残っていた生ぬるい麦茶と物産館の奥に見える柳沼の景色をお供に腹ごしらえをしながら、帰りの足を調べました。喜多方経由でも猪苗代経由でも、会津若松に着くのは18時頃。猪苗代経由の方が10分ほど早いだけでした。それならバスの乗り換えがない喜多方経由でいいや、でもこの便って喜多方で1時間待つパターンだよね、でも仕方ないか。

柳沼

柳沼の畔からは、五色沼探勝路を歩き終えたと思われる人たちが続々とこちらに向かって来ました。暑かったし、アイスクリームがよく売れただろうな~。

バスを待つ間、柳沼のほとりにて

柳沼のほとりにて





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://loveutsukushima.blog.fc2.com/tb.php/373-e7069d14

プロフィール

Author:もこべぇ
自分の思い出のために日記を綴っていましたが、東日本大震災をきっかけに福島の復興を願って公開することにしました。

ほとんどの写真はクリックすると拡大されます。

検索フォーム