Loading…

旅の終わりに

Posted by もこべぇ on 05.2017 グルメ   0 comments   0 trackback
バスは定刻よりちょっと遅れて、5時過ぎに福島駅到着。新幹線に乗る前に、目指したのは東口にある「餃子の照井」。飯坂に本店があるそうです。餃子が大好物の私は、前から福島の円盤餃子を食べたいと思いつつ、女性一人で入る勇気がなく見送っていましたが、ほぼ駅ナカ(店舗入口は外に面しています)のお店なら気軽には入れそう!ということで、朝、高速バスを降りたときから狙っていました

席に案内されてお品書きを見たら…「半皿餃子11コ入り」というのがあるではありませんか!しかも餃子を食べるなら白いご飯も必須の私にとって嬉しいことに、単品のご飯もありました。しかも料金プラスまたはマイナスで大盛り、小盛りを選べます。ということで半皿餃子とご飯(小)を頼みました。入口に「ご注文を受けてから包み始めるので時間がかかります」と看板がありましたが、帰りは新幹線の自由席と決めていたし、あとは帰るだけなので時間は気になりません。

運ばれてきた餃子は…

半円餃子

なるほど、半円盤餃子ですね(笑)。ほどよい焦げ目がパリッパリで美味しい!!!まずは店員さんおすすめの「特製の餃子のタレ」で頂き、途中から醤油やお酢など、色々と味を変えて11個の焼きたて餃子を楽しみました。ご飯も小とはいえ、普段使っているお茶碗の大盛りくらいあったので、餃子11個を食べるのにちょうどよい量でした。すっかり満腹!

お店を出たのは6時少し前。駅構内でお土産を買って新幹線の発着時刻を見ると18:16の上りがあるので、それに乗ることにしました。平日だし、1人ならどこか座れるよね…と思ったら、やはり余裕でした。途中、郡山と宇都宮で乗り降りがありましたが、宇都宮からはほぼ満席で、2人掛けの私の隣にもサラリーマンらしき男性が座りました。

大宮で新幹線を降りた後も在来線やバスの乗り継ぎが良くて、福島を出て2時間ほどで自宅に着きました。高いだけあって、やっぱり新幹線は便利だねえ

【おまけ】
新幹線に乗る前に、福島駅で「リゾート列車の旅」というパンフレットをもらってきました。「フルーティアふくしま」は12月~来年3月の間は郡山⇔仙台で運行されるそうです。来月、「SLばんえつ物語」と組み合わせて、会津若松→郡山はフルーティアに乗ろうと計画していたのですが、郡山―仙台の方が乗車時間が長いので計画を変更しようかな…。

冒険ソフト その2 f^_^;

Posted by もこべぇ on 02.2016 グルメ   0 comments   0 trackback
毘沙門沼の展望台に戻って来ると、相変わらず行楽客でにぎわっていました。軽食を売っているブースのメニューに変わった色のソフトクリームの写真がありました。緑なのですが、抹茶味にしては色が薄いというか青みがかっているというか…。見たら「五色沼ソフト」ですと。五色沼(というか毘沙門沼)の色を再現したそうです。色からしてミント味かと思いきや塩味と書いてありました。

8日前、猪苗代の地ビール館前で食べた「地ビールソフト」に引き続き、今回もチャレンジしてみました。

駐車場を背景に、今回は忘れずに撮影

五色沼ソフト

味は…甘いけど確かに塩味だ!しかも裏磐梯高原の物産館で売っている山塩ソフトともまた違う。やっぱりほんのりミントが入ってる?甘いんだけど塩味もやや濃いめ。食べた後で喉が渇きそう。今回も「一度は食べて良かったけど二度目はいいや。」

五色沼味と桃のミックスもあって、見た目には華やかなんだけど、チャレンジしなくて良かった。(注文している人はかなりいました。)これだと「塩味、砂糖の甘み、桃の甘み、ほのかにミント、たまに牛乳」が全部バラバラに舌に来そう…f^_^;

レストランの隣にある売店では猪苗代産のアスパラがあったので1束買いました。見るからに新鮮なのに東京で買うよりはるかに安い!タオルにくるんでリュックに真っ直ぐ入れて持ち帰りました。

16時に五色沼入口から猪苗代行のバスに乗りました。車内は再び仮眠室…

ビール味のソフト

Posted by もこべぇ on 24.2016 グルメ   0 comments   0 trackback
町営牧場で磐梯山をバックに思う存分写真を撮った後、再び歩きました。左足のかかと、右足裏の指の付け根あたりに水ぶくれができている感触、ひざ裏も少し痛んできました。前も同じ失敗したっけ…。トレッキングシューズでもウォーキングシューズでもなく、イージートーンを履いて、観光と筋トレの一石二鳥を欲張って無駄に疲れるってパターン。ホント、私って学習能力低いな~。

国道49号線に出たら、好天の日曜日とあって、人も車もたくさん!まずは地ビール館前の広場で一休み。「猪苗代地ビールソフト」というのが目に入ったので食べてみました。もちろんノンアルコールです。

色はほんのりキツネ色。香りは…ああ、たしかにビールだわ。そして味もビール。でも甘くてアイスクリームの味もします。ビールの味と牛乳の甘さが別々に来る感じですが、やっぱり一番強いのはビールの発酵食品独特の風味…かな。お酒に弱くて、ビールも年に2~3回お付き合いで口にする程度の私は、地ビールソフトだけで酔いそうでしたわ(笑)。そこそこ美味しかったし、一度は食べてみて良かったと思いますが、次にここに来たときにまた食べたいと思うか、と言われたら、「う~ん…もういいかな。」


今回のワンコインスイーツ

Posted by もこべぇ on 29.2015 グルメ   0 comments   0 trackback
桧原歴史館でお昼ご飯を食べ、資料室を見たら、あとは会津若松に戻るだけです。翌日の猫魔ヶ岳登山を考えて、あまり体力を消耗せず、早く体を休ませることを考えました。

最初は、「森のくまさん」桧原周遊第2便で道の駅裏磐梯まで行って、路線バスで喜多方に下りる計画をしていました。ただ、この便だと喜多方での接続が悪く、若松行きの磐越西線まで1時間近く待たなければなりません。(前回の旅がそうでした。)しかも「森のくまさん」が来るまでに1時間半近くあります。もう一度、桧原歴史館前のバス停の時刻表を見て決めました。あと30分ほどで猪苗代行のバスがあるので、来たときと同じ猪苗代経由で若松に戻ることにしました。しかも電車の接続もいい時間です。

バスはしばらく桧原湖畔を走るので景色も楽しめます…のはずでしたが、例によって「磐梯東都バス=私の仮眠室」状態で、睡魔に勝てませんでしたf^_^;。ときおり目が覚めるも、すぐにまた寝てしまう、の繰り返しで「え?もうロイヤルホテル?」「え?もう猪苗代の集落?」みたいな感じでした。

15:39は猪苗代で磐越西線の上りと下りがすれ違う時間です。改札すぐの1番線には郡山行が来るので、私は跨線橋を渡って2番線に行きます。

2番線ホームから1番線の改札を見たところ

猪苗代駅2番線

16:12会津若松着。体力温存も大事だけど、予定よりかなり早く若松に戻ったのでお茶くらいしよ~っと

1ヶ月前の旅でもらった「まち歩きスイーツ」のリーフレットを見て、今回選んだお店は「ありんこのいえ」。中央通りをずーっと歩いて、福島銀行の手前の交差点を左に曲がると…あった!方向音痴の私が珍しく一発でお店を見つけました。方向音痴より食い意地が勝った?(笑)

客席はガラス張りなのに、ドアが木製で昭和時代を思わせるドアノブのため「あれ?ここから入っていいのかな?」と一瞬戸惑いましたが、大丈夫。ちゃんと営業しています。店内も木で統一されていてこぢんまりしていました。お茶の時間にはちょっと遅いせいかお客さんは誰もいませんでした。

ワンコインスイーツは「メイプルフレンチトーストにバニラアイスを添えて」でした。メイプルシロップもバニラアイスもほどよい甘みなので、しつこさはありません。アツアツのフレンチトーストと冷たいあっさりアイスがよく合います。濃いめのコーヒーとの相性も抜群トレッキングの疲れが吹っ飛びました。

西陽が強烈だったので、帰りは大町通りを歩いて若松駅前に戻りました。ピボットで夕食を調達。アスパラの串揚げは最後の1パックが残っていました。ラッキー初夏の会津に来たらアスパラ食べなきゃ

駅前フジグランドホテルに泊まるのは久しぶり。高校生の団体さんが来ていることがフロントでわかりました。あ~、だからエコノミー禁煙シングルルームが取れなかったわけね…。(今回は仕方なくちょっとランクが上の禁煙ルームに泊まりました。)金曜日だから、というのもあったかもしれないけど。

部屋でテレビを見ながらのんびり夕食をとって、富士の湯に出かけました。以前はチェックイン時にくれたドリンク券がホテル3階の中華料理屋さんでしか使えなかったのですが(私は一度も使ったことがなかった)、富士の湯のレストランでも使えるように変わっていました。これはありがたいです

温泉に浸かって今日の疲れを取って、明日に備えました。お風呂上りの一杯は、少しでもビタミンCを補うためオレンジジュースにしました。ときおり、もうすっかり旅を満喫した気分になりましたが、そのたびに「違う、違う。メインは明日の猫魔だってば!」と自分で自分にツッコミを入れる始末。今日はほんのウォーミングアップのつもりだったけど、結構歩いたもんね~

部屋に戻って早めに就寝

今回のまち歩きスイーツ

Posted by もこべぇ on 01.2015 グルメ   0 comments   0 trackback
ハイカラさんは七日町白木屋で下車したので、乗車時間はほんの数分でした。目的は「まち歩きスイーツ」。昨日のうちに会津若松の駅でリーフレットをもらっておきました。今回、私が選んだのは桃里道(とおりみち)というお店。このお店がまち歩きスイーツのリーフレットに載っているのを見たのは初めて…かな?

ワッフルに、あっさり目の生クリーム、そしてアクセントにあんこ。美味しかったー!コーヒーもまろやかで私好みの味でした我ながらグッドチョイスだったかも。若松の駅からも七日町の駅からもほどほどに近くて便利なので、また来るかもしれません。

甘い物を食べて少し元気になったので、筋肉痛の脚をだましながら会津若松の駅に戻りました。

今さらですが…

駅前じゃないし

工事中の大町通りにある郵便局。この位置、「駅前」…じゃないよねえ(苦笑)

本当の(?)駅前。風に乗って、ほのかに花の香りが漂っていました。春ですねぇ。

駅前公園の花

駅前公園の花2

駅前公園の花3

帰る途中のお楽しみ♪

Posted by もこべぇ on 30.2015 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :猪苗代 駅舎亭 緑の村
天鏡台を後にしたのは11時頃。でもすっかりお腹が空いています。会津若松の駅で朝ごはんを食べたのは5時半前だし、3時間以上歩いていたら無理もないかな f^_^;

前から行きたかった駅舎亭でちょっと早めの昼食です。天鏡台から町営牧場を通ってひたすら猪苗代湖に向かって下って行くと、途中に「緑の村」という施設があって、その中にあります。旧国鉄の翁島駅を復元したユニークなお食事処です。

昔の料金表と時刻表。時代を感じさせます。

駅舎亭

駅舎亭2

駅舎亭3
柱時計も現役で動いていました。私が食事をしていたときに11:30を迎えたのですが、1回だけ「ボーン」と柔らかな音がして、心がほっとしました。

いただいたのは「会津地鶏ラーメン」。4月だというのに最高気温が30度近い暑い日で、ずっと歩いていたために汗びっしょりでしたが、疲れていたせいか温かい汁物が欲しくなるんですねえ。おいしかったー


裏には沼尻軽便鉄道の車輌が展示されています。今回は写真を撮り忘れました
(下は2012年10月下旬に撮影。このとき、駅舎亭はシーズンの営業を終えたばかりでした。)

緑の村

腹ごしらえをした後はまた歩きます。目指すは猪苗代駅。と言っても、電車に乗るわけではなく、13時15分駅前発裏磐梯方面行のバスに乗るためです。しばらくは下り、あとはひたすら線路沿いに歩きます


猪苗代駅まで歩く







道の駅裏磐梯

Posted by もこべぇ on 20.2014 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :裏磐梯 道の駅
バスで道の駅裏磐梯に到着。ここで本日三度目の食事です
山歩きをして汗かいて、さらに雨で着ているものが湿ってエアコンの効いたバスに乗ってきたので体が少し冷えていました。温かい汁物が食べたい…レストランで注文したのは「山塩ラーメン」おいしかったー!

ラーメンを食べながらこの後の行動を考えたら…わわー!喜多方行のバスも猪苗代方面のバスもしばらくないじゃないの。裏磐梯ロイヤルホテル方面のバスは猪苗代行にうまく接続している場合が多いのに、昼過ぎはそれがない。しかもあいづぐるっとカードと一緒にもらえると思っていた電車の時刻表がないため、猪苗代経由と喜多方経由のどちらが先に会津若松に戻れるかもわかりませんでした。あ~あ…。ま、いざとなったらホテルにチェックインが遅れるという電話を一本かければいいだけの話しなんですけどね。

かくして、次の喜多方行のバスまで、道の駅裏磐梯で2時間近く過ごすことになりました。レストラン部分は1階建てですが、施設中央部分は2階建てで展望部屋になっています。この天気なので眺望は期待していませんでしたが、可愛らしい訪問者に遭遇。

道の駅裏磐梯小鳥1

レストランの屋根に他の仲間も集まってきました。本日二度目の「小鳥の井戸端会議」。

道の駅裏磐梯小鳥2

道の駅裏磐梯小鳥3

道の駅裏磐梯小鳥4

温かくて塩味の効いたラーメンの後は冷たくて甘いものが欲しくなり、再び1階に降りて、ここの名物のそばソフトを食べました。片手がふさがって写真が撮れなかったのでこちらをご覧ください。

まず量にびっくり。でも食べてみたらとっても軽いのであっという間になくなりました。口の中で溶けるというより味覚センサーにすっとしみこむ感じ。あっさりしたモンブランアイスといったところでしょうか。お皿になっている最中も食べられます。口当たりも味も絶品で、これを食べるためだけに道の駅裏磐梯に寄りたいと思うくらいです

道の駅裏磐梯からバスに乗ると、今度はご夫婦らしい2人組が先に乗っていました。恰好からするとこの方たちもトレッキング帰りのよう。雄国沼かな?ラビスパでも何人かお客さんが乗って来ました。そこから先は熟睡気がつくとバスは喜多方の市街地を走っていました。

喜多方に着いたのが3時半頃。駅舎に入ると、おっ、ラッキー15:52発の会津若松行があるではないの。

電車に乗る前に駅前で撮影

喜多方駅前1

朝、裏磐梯行きのバスに乗る前に太極拳をやっている人たちを見かけましたが、なるほど…ボタンを押すと音楽が流れるしくみになっていたんですね。

喜多方駅前2

16:16会津若松着。ホテルは18:00チェックインで予約してあるけど、これから1時間半以上、どうしよう

郡山で腹ごしらえ

Posted by もこべぇ on 17.2014 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :郡山 杜の香り
滝桜を見た後は、再び「滝桜号」に乗って三春の駅に戻ります。バスは同じ道を往復しているわけではなく、さくら湖周辺を一方向に走ってから市街地に戻るルートのようです。本当はさくら湖畔も散歩してみたかったし、途中の「さくら公園」というバス停も気になったのですが、この後行きたいところもあったので、ここは我慢して三春駅に直行しました。(磐越東線の本数が少ないのが難点。)

滝桜号1

滝桜号2

滝桜号3

1週間くらい前までは、同じ磐越東線沿線ということで、この後は夏井川の千本桜を見て、いわき経由で帰ることも考えていました。でも桜の種類が違うせいか夏井川の方はまだつぼみとの情報だったので今回はあきらめて、お花見スポットを郡山の開成山公園と二本松の霞ヶ城公園に変えました。

昼前に郡山に戻って来ると…お腹がグ~。朝はビュッフェスタイルで結構食べたんだけどね。でもこの後も歩くのでちょっと早めの昼食。前から気になっていたカフェ「杜の香り」に入りました。駅構内の1階です。ギリギリでモーニングの時間内だったのでパンケーキセットを頼みました。

さすがにコーヒー専門店だけあってコーヒーは美味しいです。デザートとしてついてきたヨーグルトの量にびっくり!かなりたっぷりでおまけにマンゴーの果肉とマンゴーのフルーツソースまでついています。かなり贅沢かと思いきや…肝心なパンケーキが「う~ん…」。好みにもよるのでしょうが、私の味覚では「コクがない」。小麦粉とベーキングパウダーにちょっとお砂糖を入れて水で溶いて焼くとこんな感じ?いくら何でもそれはないでしょうが、卵とかバターとか牛乳といった「タンパク質系」の風味がまるでないのです。ヨーグルトはなくてもいいから、パンケーキをグレードアップしてほしいなあ…。

三春でややどんよりしていた空がすっかり晴れていい天気。日焼け止めを塗って、次は開成山公園を目指します

ki-ichigo

Posted by もこべぇ on 16.2014 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :コラッセふくしま ki-ichigo
11:09やながわ希望の森公園発福島行の阿武隈急行で福島に戻ってきました。
次に向かったのは駅の反対側、西口にある「コラッセふくしま」です。ここの最上階にあるレストラン「ki-ichigo」に前から行きたいと思っていました。混雑がピークになる12時少し前だし、お天気がよくてレストランからの眺めも良さそうなので好条件です

季節の彩ランチとデザートのコースをいただきました
正午前とはいえ、ほんの数分前でしたし、予約をしていないので窓側の席は座れませんでした。それでも12階の大きなガラス張りの窓からは春霞の中に雪を頂いた吾妻連峰が見えました。こんな景色を見ながらおいしいお料理をいただけるなんて最高です

私が食事を終えてお店の外に出ると、1時近くなのに順番待ちのお客さんがずらーっと並んでいてびっくり。お天気もいいし、ここが地元の人気店だということを実感。いい時間に入れてよかった

今度は空気の澄んだ初秋に来るか、レストランに入らなくても朝9時から開放されている隣に展望ラウンジで景色を楽しみたいと思います。

今年こそ…

Posted by もこべぇ on 07.2013 グルメ   0 comments   0 trackback
去年まで、紅葉の見ごろを逃していた浄土平行きがとうとう実現しました
日曜日に仕事を終えていったん帰宅、東京駅八重洲口から「ドリームふくしま・横浜号」に乗りました。過去に新宿発の昼行便「あぶくま号」に乗ったことはありましたが、東京八重洲から夜行バスで福島に向かうのは初めてです。せっかく行ってもお天気が悪かったらがっかりなので(7月のニッコウキスゲ@雄国沼がちょっとトラウマ?)週間予報を毎日チェックし、浄土平行きを決めたのは6日前。バスの予約は最後の1席をゲットしました

朝6時ちょっと過ぎに福島駅東口に到着。6時半にホテルメッツの中のヴィ・ド・フランスが開くのでそこでちょっとぜいたくな朝食をいただきました。宿泊客以外でも700円支払えば食べられます。和食・洋食のどちらかを選べるようになっていて、私は洋食を選びました。だってパン屋さんだし…と思ったら、和食を選んだ人でもパン・スープ食べ放題、洋食を選んだ人でもご飯(福島産のお米)・御味噌汁食べ放題です。飲み物もセルフサービスでおかわり自由でした。和食・洋食はおかずが違うだけなんですね。ちなみに洋食のおかずはサラダ・大きめのソーセージ、ゆで卵、ヨーグルトでした。パンもクロワッサン、バターロール、食パン(トースターがあって自由に焼くことができます)という定番の他、チョコレート入りのものやお砂糖がまぶしてあるものなど5~6種類置いてありました。浄土平行きのバスは9時50分発でたっぷり時間があるので、飲み物を何回もおかわりして朝からすっかりくつろぎました

昼食そしてデザート

Posted by もこべぇ on 23.2013 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :会津若松 べこの乳味噌ミルク 珈琲館蔵 まちあるきスイーツ
喜多方から会津若松に戻ったのが午後1時過ぎ。昼食に喜多方でラーメンを食べてきてもよかったのですが、帰りの高速バスに間に合わないといけないので早めに若松に戻ってきました。

会津鉄道の車輛

会津鉄道の車輛でも、今年いっぱい、あかべぇは八重たんに主役を譲っているのかな?

今回も朝からかなり歩いてすでに脚がどっと疲れていたので、またまた寄ったのは駅前の「ココめでたいや」。冬に来たときから気になっていた「べこの乳味噌ミルクラーメン」を注文しました

べこの乳味噌ミルク

見た目に比べると思ったよりあっさりしていて、ミルクのやさしい味がちゃんと活きていて、女性にも食べやすい味です。それでいてチャーシューがかなりのボリューム。お腹いっぱいになりました

次は腹ごなし…と行きたいところですが、まだ脚の疲れが取れず、駅前の公園のベンチに座ってもうちょっと休憩。朝とはうって変わって、すっかりポカポカ陽気です。この時間、きっと鶴ヶ城は平日でもかなりの人が出ていたのではないでしょうか。

先週はせっかく若松に来ても「まち歩きスイーツ」を堪能せずに東京に戻ってしまったので、今回はせめて一か所行きたいな、暖かくなってきたからアイスクリームが入っているデザートがいいな…などと考えながらベンチに座ってリーフレットを眺めていました。結局、リピーターで「珈琲館 蔵」へ

まち歩きスイーツ・蔵

このお店の今期のワンコインスイーツは「桜アイスの白玉添え」。桜風味のアイスクリームも抹茶アイスも小豆も、そしてコーヒーもとても美味しかったのですが…白玉が硬い!茹でてから冷水に浸けっぱなしにして忘れていたのか?と思うほど。噛むと奥歯に挟まるくらいでした。クレームをつけて取り替えてもらうと後味が悪くなりそうだったので、お行儀悪いと思いつつ、白玉だけ残して他を堪能しました。あ~、でももうこの店には来ないかも。2階の客席は雰囲気が良くて好きなんだけどな…。


今回は先週より1本早い16時会津若松発の高速バスで帰京。猪苗代に停まらないので乗車時間が短いはずですが、久喜付近で事故があって10キロほど渋滞があったため、王子も池袋も予定より遅れての到着でした。でも許容範囲です。平日とはいえ桜のシーズンのせいか、ほぼ満席でした。


本日のまち歩きスイーツ

Posted by もこべぇ on 09.2013 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :まち歩きスイーツ 珈琲館藏
お腹の中から温まったら次に欲しくなるのがスイーツ。
今回は、前から行きたかった「珈琲館 藏」に行くことにしました。

大町通りよりも中央通りの方が人通りが多い分、雪が少なくて歩きやすそうだったので、腹ごなしもかねて中央通りを歩いて行きました。

土曜日のせいか、こちらも店内はわりと混んでいました。お店に入ると客席は1階とロフト風の2階に分かれていました。2階の客席はこんな感じこれだけでもこのお店に来たかいがあります。

珈琲館蔵1 珈琲館蔵2

珈琲館蔵3そして今回のワンコインスイーツはこちら

メープルシロップスクエアとコーヒーのセット。バニラのアイスクリームはミルクの味がしっかりするのにしつこさがなくて上品。周りはメープル味のしっとりフレンチトーストという感じ。甘さと香ばしさのバランスが絶妙でした。もちろんコーヒーは専門店だけあって、絶品でした。今度は平日に来てゆったり過ごしたいです。幸せ~

cocomedetaiya

Posted by もこべぇ on 09.2013 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :会津若松 cocoめでたいや
満員の一歩手前の混雑した磐越西線でようやく会津若松に戻って来ました。お腹も空いたしとにかく温かいものが食べたい!…と向かったのは改札を出てすぐの「ココめでたいや」。以前はハンバーガーチェーンのドムドムがあって、このお店ができてずっと気になっていたものの、入ったのは今回が初めてでした。

…とその前に若松駅構内で撮影。夜までいられないのが残念です。

土曜日の若松駅1 土曜日の若松駅2

桜らーめんポスターメニューを見て「べこの乳味噌ミルク」のラーメンにしようと思っていたのですが、カウンター席に案内されてふと壁を見ると

あ、これにしよう

今の会津は、特に若松市内は「八重の桜」大ブーム。そう言えば昨日から綾瀬はるかを何十回も見ているような気がします(笑)。どちらかと言えば天然系な感じのする彼女ですが、八重の衣裳を来て写っているポスターはハンサムウーマンらしく凛々しいです。さすがは女優さんだな~。


八重の桜らーめん1時を過ぎても店内はほぼ満席だったので少し時間がかかりましたが、見た目も素敵なラーメンが出てきました。スープは本当にほんのりピンク色で、和菓子の桜餅に添えられているような(たぶん)塩漬けの桜が乗っていたので、かすかに桜の香りもします。半熟卵がさらに優しい味を出していました


そうだ、太郎庵に行こう!

Posted by もこべぇ on 08.2013 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :七日町 太郎庵
湯野上温泉から会津鉄道の各駅停車に乗り、終点の会津若松まで行かずに一つ前の七日町で降りました。電車に乗っているうちに無性に甘いものが食べたくなったので、太郎庵で今回の旅1つ目のワンコインスイーツを食べることにしました。

途中、車掌さんがガイドさんのように「間もなく右手に/左手に~が見えてまいります」と案内してくださるものの、外気と車輛の温度差があって窓ガラスが曇っているため、ほとんど外の景色は見えません(-_-;)。あとは13:10会津若松発の只見線が雪のために運休になっているというアナウンスが繰り返されていましたっけ。でも次の会津川口行きは16:49だし、それもちゃんと動くかどうかわからないんですよね。もっとも地元の人はそういうことにもたぶん慣れていて、柳津とか坂下に出る人は少しくらい時間がかかってもバスを使うとか、きっと考えているのでしょうね。

私もこの日は会津若松に着いてから夜の絵ろうそく祭りに出かけるまでの時間を、前回の秋と同様に只見線に乗って柳津に行って冬の圓藏寺を歩くことも予定していましたが、やめておいて正解だったかもしれません。行くならバスでしょうか。

七日町で降りて、駅構内で「まち歩きスイーツ」のリーフレットをもらって太郎庵へ。天気もすっかりよくなりました。駅前は工事中太郎庵七日町菓房の今回のまち歩きスイーツはショーケースから自分で選べるようになっていました。色々迷って、濃いめのコーヒーに合いそうなショコラをいただきました。あ~幸せ~。コーヒーのおかげで体も温まります

次に向かうは鶴ヶ城。夜の絵ろうそく祭りの下見(!?)。お天気も良くなったし、道はちゃんと除雪してあるので鶴ヶ城まで歩こう…と歩き始めたら急に空が暗くなって雪がしんしんと降り始めました。結局、途中でハイカラさんに乗ることにしましたが、バスが会津若松市役所あたりを通る頃にはまた晴れてきました。どーなってんのー

串鶴さん

Posted by もこべぇ on 29.2012 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :飯盛山 串鶴 串カツ
夕方4時過ぎに若松に戻ってきた私が次に取った行動は、16:15発のまちなか周遊バスあかべぇに乗って飯盛山に移動。白虎隊が眠る飯盛山参道入り口に串鶴という美味しい串カツのお店があります。以前、東京・新宿の伊勢丹に出店していたときに食べて以来のファン。いつか本店に行って揚げたてをいただきたいと思っていました。でも若松を拠点にどこかに遊びに行くと、特に今回のように裏磐梯方面に遊びに行くと、日没ぎりぎりまで猪苗代とか喜多方にいて、日もとっぷり暮れてから若松に戻ってくるので串鶴さんの閉店時間に間に合わないことが続いていました

でも今回は脚が「もうダメ」宣言を早々に出してくれて、明るいうちに若松に戻ってきたので行ってみることにしました。飯盛山のバス停に着いたのは4時半前。まだお店が開いているかな…?と見ると、小学生が何人か店先にいたので、小走りでお店に向かいました。

頼んだのは串鶴セット。閉店間際(実は後でチラシを見たら4時閉店だったんですね。すみません)だったので持ち帰りにしようかと思いつつ、せっかくなので店先で揚げたてをいただきました。この日、店長さんとおかみさんはいらっしゃいませんでしたが、店員さんがとてもにこやかな方で、こんな時間でも心をこめてカツを揚げてくださいました。夕食にはちょっと早い時間でも中津川渓谷のレストハウスでおにぎりを1個しか食べていなかったので、串鶴セットを1人でペロリと平らげてしまいました。

私が店先で揚げたての串カツをいただいている間、店員さんは閉店の準備。その合い間にも色々とおしゃべりできて楽しかったです。しかも帰りにいもけんぴのお土産まで頂いてしまいました。せっかくなのでこのお店の特製、みそソースを買って帰りました。

今度も会津に遊びに行ったら串鶴さんにまた行きます

串鶴さんは全国あちこちのデパートなどにも出店されることがあり、そのスケジュールは店長さんのブログでわかります

http://blog.livedoor.jp/kusituru/

今回のワンコインスイーツ

Posted by もこべぇ on 21.2012 グルメ   0 comments   0 trackback
知人とは絵ろうそく店でお別れ。時計を見ると午後3時。夕方5時発の高速バスに乗るので、あまり冒険をせずに勝手知ったる(?)市街地をぷらぷら。お昼の田楽でかなりお腹はいっぱいのはずですが、まち歩きスイーツを1つくらい楽しんでから帰りたいと思い、向かったのは太郎焼総本舗。(また行っちゃいました。こういうとき別腹は便利

今回のワンコインスイーツ今期のまち歩きスイーツはクリーム・ブリュレ風太郎焼べこの乳アイスクリーム添え。しかもコーヒー付

美味しかった~

たまにはまともなランチ^_^;

Posted by もこべぇ on 21.2012 グルメ   0 comments   0 trackback
会津村の散歩をたっぷり楽しんだ後、若松市内に住む知人が車で迎えに来てくれました。
向かったのは会津武家屋敷近くの田楽屋さん。炭火で焼いたアツアツを出してくれるお店です。ちょっと濃いめのお味噌をつけた田楽の盛り合わせに大満足 特にお餅は私の中で大ヒット。外側は炭火の香ばしさでパリッとしているのに、中はよ~く伸びるやわらかさ。焼き加減も絶妙です

一人旅だと食事が結構いい加減になりがちです。一応、栄養のバランスも考えてジャンクフードには走らないようにしていますが、どうしても観光が優先になってしまって、特に昼食はゆっくり腰を落ち着けて食べることが少ないのですが、誰かと一緒だとそういうこともなくなります。Kさん、その節は大変お世話になりました

この後は会津本郷方面へ。本郷焼の窯元を見学させてもらったり、伊佐須美神社に行ったりと、運転免許を持っていない私にはなかなか行けない所を案内してくれました。再び若松の市街地に戻って絵ろうそくの絵付け体験。上手くできたら写真をアップしようと思ったのですが…絵心のない私は幼児のお絵かきレベル(笑)。でも、いい経験ができました。

あ~、楽しかった

あんてぃーくCafe 中の蔵

Posted by もこべぇ on 22.2011 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :まち歩きスイーツ 中の蔵
旧滝沢本陣を出ると、飯盛山の前を経由して七日町方面に向かいました。紅葉シーズンの土曜日とあって観光客で賑わっていました。いいことです

サムライパフェ
今日2つめのまち歩きスイーツ。前回来たときは定休日で残念、だった「あんてぃーくCafe 中の蔵」へ。今回のキャンペーン期間でこのお店が出しているワンコインスイーツは、その名も「サムライパフェ」。なるほど。アイスクリームから飛び出ているウェハースを兜に見立てているんですね。

ここのお店はコーヒーやスイーツが美味しかっただけでなく、お店の雰囲気が気に入りました。子どもの頃、私の家にもあった柱時計が何とも言えない懐かしい時報を奏でていました。ここも間違いなくリピーターになりそうです。


一石二鳥のランチ

Posted by もこべぇ on 22.2011 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :鶴ヶ城 ミニソースカツ丼
県立博物館を出たときは雨も止んでいましたがちょっと肌寒い…。そろそろお昼ごはん。せっかくだからソースカツ丼を食べたいけど、午後にもう一つまち歩きスイーツを食べるとなるとちょっと重いし、あったかいものが食べたいな~、そうだおそばにしよう

お天気は今一つでも土曜日ということもあり、鶴ヶ城の駐車場には大型バスが何台も止まっていました。一時は原発事故の影響で観光客が激減したという話も聞きましたが、少なくとも会津若松に団体さんが来るようになったのはいいことです。

ソースカツ丼&そば
とりあえず鶴ヶ城会館に入って昼食をとれる場所を探したところ…おおっ!店先のメニューに「ミニソースカツ丼とそばのセット」を見つけました。ここに決まり

ソースカツ丼もおそばもこれくらいの量ならちょうどいいです。美味しかった。ごちそうさまでした~

忘れてた…

Posted by もこべぇ on 22.2011 グルメ   0 comments   0 trackback
Tag :太郎庵
昨日は、昼間は裏磐梯、夜は若松市内を歩くことに夢中になっていて「まち歩きスイーツ」のことを忘れていました。朝、ホテルを出てまず向かったのは会津若松の駅。ここでまち歩きスイーツのリーフレットを手に入れて市内を歩きます。

ワンコインスウィーツ@太郎庵
今回もやっぱり足が向くのは七日町にある方の太郎庵
昨日もいっぱい歩いたけど、今日はまち歩きスイーツに2つチャレンジする予定なので、今日もいっぱい歩かなきゃ。ちゃんと地産地消(会津で摂ったカロリーは会津にいる間に消費する)を心がけないとね(笑)。


プロフィール

Author:もこべぇ
自分の思い出のために日記を綴っていましたが、東日本大震災をきっかけに福島の復興を願って公開することにしました。

ほとんどの写真はクリックすると拡大されます。

迷子掲示板--ふりっぽ--

早く飼い主さんと会えますように☆彡

検索フォーム